実証試験計画の概要

実証試験計画を使用して、ある信頼水準で信頼性が所定の標準を超えていることを実証する際に必要とする、サンプルサイズまたは試験時間を決定できます。

実証試験計画は、次の2種類があります。
  • 実証試験は、再計画したシステムにおいて既知の故障原因が削除されたか大幅に縮小したことの統計的証拠を示します。
  • 信頼性試験は、信頼性規格が達成されていることの統計的証拠を示します。

Minitabでは、実証試験と信頼性試験の場合にm故障試験計画を使用できます。m故障試験では、故障数がmを超えると不合格となります。

たとえば、あるタービンエンジン燃焼器の信頼性目標は、1番目の百分位数が2,000サイクル以上というものです。エンジニアは実証試験計画を使用して、この信頼性の到達点を実証するために必要な燃焼器の数を、1故障試験計画を使用して決定します。

この分析の場所

実証試験計画を作成するには、統計 > 信頼性/生存時間 > 試験計画 > 実証を選択します。

他の分析を使用する場合

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください