加速寿命試験の打ち切り列を指定する

統計 > 信頼性/生存時間 > 試験計画 > 加速寿命試験 > 打ち切り

右打ち切りデータがある場合、分析の打ち切り列を指定する必要があります。打ち切り指標には、数値、テキスト、または日付/時刻値を使用できます。

打ち切り列を使用する
打ち切り列を指定します。最初の打ち切り列は最初のデータ列に、2番目の打ち切り列は2番目のデータ列にというように対応します。各データ列と関連する打ち切り列は1つのサンプルを表しているので、この列は同じ長さになります。異なる組み合わせの列では、長さは異なります。
打ち切りの値
デフォルトでは、打ち切り列内の最小値が、打ち切られた観測値を表す値として使用されます。別の打ち切り値を使用するには、その値を入力します。テキスト値は二重引用符で囲む必要があります。

打ち切りの詳細については、打ち切りデータを参照してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください