加速寿命試験で表示するグラフを選択する

統計 > 信頼性/生存時間 > 試験計画 > 加速寿命試験 > グラフ

適合モデルに基づいたプロット

プロットに含める計画値
適合モデルに基づいたプロット(各加速水準に対する関係プロットと確率プロット)に含める計画値を入力します。加速変数ごとに1つの計画値を入力できます。
関係プロット
関係プロットを使用して各加速変数と故障時間の関係を表示します。
次のパーセントに対する百分位数をプロットする
百分位数をプロットするパーセントを入力します。そのときにプロット上に百分位数の信頼区間を表示する方法を示します。
  • 中央百分位数に対する信頼区間を表示する
  • すべての百分位数に対する信頼区間を表示する
  • 信頼区間を表示しない
故障時間をプロットに表示する
プロット上に故障時間(正確な故障時間または区間打ち切りの観測値の区間の中点)の点を表示します。
適合モデルに基づいた各加速水準に対する確率プロット:
適合モデルに基づいた各水準の加速変数に対する確率プロットを表示します。そのときにプロット上にその水準の信頼区間を表示する方法を示します。
  • 計画値に対する信頼区間を表示する
  • すべての水準に対する信頼区間を表示する
  • 信頼区間を表示しない

診断プロット

診断プロットの表示オプションを指定します。

個別の適合に基づいた各加速水準に対する確率プロット
加速変数の各水準に個別に分布を適合することによって計算される適合線を含む確率プロットを表示します。
標準化残差に対する確率プロット
標準化残差の確率プロットを表示します。詳細については、Minitabに含まれる残差の種類で「標準化残差」をクリックしてください。
Cox-Snell 残差に対する指数確率プロット
Cox-Snell残差の指数確率プロットを表示します。Cox-Snell残差では、加速寿命モデルからの分布および推定パラメータが考慮されます。
信頼区間を診断プロットに表示する
信頼区間を診断プロットに表示します。

確率プロットの点を計算する方法を変更するには、ツール > オプション > 個別グラフ > 確率プロットを選択します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください