加速寿命試験の適合モデルに基づいた確率プロット

適合モデルに基づいた加速変数の各水準の確率プロットは、次の点を調べるために使います。
  • 加速変数の各水準での分布が適切かどうか
  • 加速変数の各水準での変換が適切かどうか
  • 加速変数の各水準における等形状パラメータ(ワイブルまたは指数)あるいは等尺度パラメータ(その他の分布)の仮定が適切かどうか

適合線は適合モデル(ここでは、ワイブル分布とArrhenius変換)に基づいており、形状(または尺度)パラメータが等しいと仮定されるため、常に平行になります。

  • プロットされた点が各適合線に緊密に従っている場合、その適合モデルはデータに対して適切です。
  • プロットされた点が適合線に緊密に従っていない場合は、仮定のいずれかまたは全部が誤っている可能性があります。

出力例

解釈

電子装置データについて言えば、この線は点に十分に適合しているため、加速値に対するモデルは適切です。通常の使用条件下でこの関係が保たれるかどうかは、工学知識と工程に関する知識によってのみ検証できます。

設計温度(55°C)における適合線および信頼水準も、プロットに含まれています。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください