適合度の測度 - 加速寿命試験のAnderson-Darling(調整済み)統計量

Anderson-Darling(調整済み)統計量は、選択確率プロットに対する適合度の測度です。Anderson-Darling(調整済み)統計量は、(選択モデルに基づいた)適合直線と(プロット点に基づいた)ノンパラメトリックステップ関数の間のエリアを示します。正確には、Anderson-Darling(調整済み)統計量は、分布の裾のほうが重みの大きい二乗距離です。

一般に、Anderson-Darling(調整済み)値が大幅に小さくなっている場合は、適合していることを示しています。ただし、モデルの適合度を評価する際に、確率プロットの視覚的な結果を常に考慮する必要があります。

出力例

Anderson-Darling (調整済み) 適合度 各加速水準 適合され 水準 個別の適合 たモデル 125 89.651 89.654 150 77.769 77.746 175 15.300 15.354 標準化残差 = 36.952 Cox-Snell 残差 = 36.952

解釈

電子装置データの場合、Anderson-Darling(調整済み)値はモデルの各加速水準や、標準残差およびCox-Snell残差に使用できます。モデルの適合度をさらに評価するには、確率プロットを調べます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください