加速寿命試験計画の分析のオプションを選択する

統計 > 信頼性/生存時間 > 試験計画 > 加速寿命試験 > オプション
形状 (ワイブル) または尺度(他の分布) が既知

形状(ワイブル)または尺度(他の分布)を把握している場合に選択します。このオプションを選択すると、このパラメータを推定する必要がないとみなされます。したがって、より小さいサンプルサイズが必要です。指数分布の場合は、形状パラメータ1のワイブル分布であるとみなされます。

信頼水準

0~100の信頼水準を入力します。通常、95%の信頼水準が適切です。95%の信頼水準では、95%の信頼性をもって、真の母集団パラメータが区間内に含まれることを示します。つまり、母集団から100個のランダムサンプルを収集する場合、約95個のサンプルで母集団パラメータの実際の値を含む区間を得られると期待できます(すべてのデータが収集・分析される場合)。

90%などの低い信頼水準では、信頼区間が狭くなり、検定に必要なサンプルサイズや試験時間を減らすことができます。ただし、信頼区間に母集団パラメータが含まれる尤度は低くなります。

99%などの高い信頼水準では、信頼区間に母集団パラメータが含まれる尤度は増加します。ただし、有用な狭い信頼区間を得るには、検定でより大きなサンプルサイズまたはより長い試験時間が必要になる場合があります。

信頼区間

ドロップダウンリストから片側両側を選択して、信頼区間の境界数を示します。推定値の上限または下限のみを求める場合は、片側信頼区間を使用します。片側信頼区間は、一般的に結論に統計的な信頼性をもたせるために必要な観測値と試験時間を低減できます。多くの信頼性基準は最悪のケースシナリオで定義され、それを下限で表します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください