加速寿命試験計画における加速寿命試験モデルの方法と計算式

線形

表記

用語説明
Yp故障時間または対数故障時間
β0y切片(定数)
β1回帰係数
σ形状パラメータ(ワイブル分布)または尺度パラメータ(他の分布)の逆数
Φ-1(p)標準化寿命分布のp番目の分位点

Arrhenius

ここで、分子の値(11604.53)はボルツマン定数の反転した値で、分母の値は(273.16)は絶対零度です。

表記

用語説明
Yp故障時間または対数故障時間
β0y切片(定数)
β1回帰係数
σ形状パラメータ(ワイブル分布)または尺度パラメータ(他の分布)の逆数
Φ-1(p)標準化寿命分布のp番目の分位点

温度の逆数

表記

用語説明
Yp故障時間または対数故障時間
β0y切片(定数)
β1回帰係数
σ形状パラメータ(ワイブル分布)または尺度パラメータ(他の分布)の逆数
Φ-1(p)標準化寿命分布のp番目の分位点

Ln(べき変換)

表記

用語説明
Yp故障時間または対数故障時間
β0y切片(定数)
β1回帰係数
σ形状パラメータ(ワイブル分布)または尺度パラメータ(他の分布)の逆数
Φ-1(p)標準化寿命分布のp番目の分位点

標準化されたモデル

標準化された加速度は次のようにして計算します。

標準化された加速寿命試験モデルは次のとおりです。

表記

用語説明
k加速変数の水準数(通常の使用水準を含まない)
Xi 加速変数の水準
XU使用水準
XH 加速変数の最高水準
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください