加速寿命試験計画の計画推定値

推定するパラメータの計画推定値は、計画値に対して入力した値、故障時間分布、故障時間とストレスとの関係に基づいて計算されます。

出力例

打ち切られていないデータ Arrheniusモデル パラメータ推定値:時間 = 1000での信頼性 計算された計画推定値 = 0.964857 計画ストレス値 = 45

解釈

コンデンサデータの場合:
  • 1000時間での信頼性の推定を計画しているとします。
  • 1,000時間の信頼性の場合、計算された計画推定値は、計画ストレス値45で0.964857となります。この推定値は、傾きと切片の計画値から計算されます。つまり、指数分布と、切片が-8で傾きが0.5のアレニウスモデルの場合、1,000時間の信頼性は0.964857となります。
  • 目標信頼水準は95%です。結果のサンプルサイズを整数値に四捨五入する必要があるため、厳密に95%の信頼水準を実現することはできません。実際の信頼水準は、目標信頼水準より若干高くなります。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください