加速寿命試験計画の最適割り当て試験計画

結果の試験計画が評価され、目的のパラメータの標準誤差の最小化に関して最適な計画が表示されます。デフォルトでは、3つの試験計画が表示されます。一番最適な割り当て試験計画は、分散が最小の計画です。

2番目と3番目に最適な試験単位の割り当ても表示されます。試験計画全体で目的のパラメータの標準誤差に差がほとんどない場合は、より多くの故障を発生させる計画、または実行費用が最も安価な計画を選択します。

出力例

1番目の“最適”割り当て試験計画 試験ス パーセン サンプリ 期待され トレス 故障率 ト割り当て ング単位 る故障 85 100 63.3333 63 63 105 100 3.9583 4 4 125 100 32.7083 33 33 関心のあるパラメータの標準誤差 = 0.0123437

解釈

コンデンサデータの場合、1,000時間の信頼性の分散を最小化する100ユニットの割り当ては、次のようになります。
  • 85度での63ユニットの検定の場合、63個すべてが故障すると予測されます。
  • 105度での4ユニットの検定の場合、4個すべてが故障すると予測されます。
  • 125度での33ユニットの検定の場合、33個すべてが故障すると予測されます。

1000時間の信頼性の推定標準誤差は、0.0123437です。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください