加速寿命試験計画の概要

加速寿命試験計画を使用して、加速寿命試験の試験ユニット数を算出したり、試験ユニットをどのようにストレス水準に割り当てるか決定します。また、この分析を使用して所定の試験ユニット数を推定するためのパラメータの標準誤差を決定することもできます。

加速寿命試験計画を使用すると、次のような問題の解答を得ることができます。
  • 95%下側信頼限界を推定値から100時間以内として、10番目の百分位数を推定するには、何個のユニットを試験する必要があるか
  • 1,000時間目における信頼性を推定するには、20個のユニットを3つのストレス水準にどのように割り当てるのが最適であるか
  • 20個のユニットを試験で使用できる場合に、500時間の信頼性を推定するための標準誤差はどの程度になるか

加速寿命試験計画を作成する場合、ストレス値を指定して、さらに試験ユニットの比例割り当てを指定することもできます。計算された計画が評価され、推定値の標準誤差を最小に抑える最適な計画が3つ表示されます。

この分析の場所

加速寿命試験計画を作成するには、統計 > 信頼性/生存時間 > 試験計画 > 加速寿命試験を選択します。

他の分析を使用する場合

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください