Minitabによる回帰での計画行列の使用方法

Minitabでは、統計 > 回帰 > 回帰 > 回帰モデルの当てはめで指定されたモデルを回帰分析において適合するときに、x-値の集合として計画行列が使用されます。

計画行列には、n行(nは観測値数)あり、モデルの項ごとに1つ以上の列があります。行列の最初の列は切片で、すべての列の値は1です。モデル内の他の項に対応する列は、回帰メインダイアログボックスで指定した順序で保存されます。カテゴリ予測変数は、1、0、または-1、0、1のいずれかを使用してコード化されます。各因子水準(参照水準を除く)に対してコード列が1つ作成されます。カテゴリ予測変数のコード体系の仕組みに関する詳細はカテゴリ予測変数のコード化方式を参照してください。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください