名義ロジスティック回帰で推定された係数の解釈

推定された係数の解釈は、指定された応答の参照事象および予測変数ごとの参照水準によって異なります。他のすべての予測変数が一定の場合、予測変数に関連付けられた推定係数は予測変数値の1単位分の変化に対する特定のlogitの変化を表します。ある因子の1単位分の変化は、ある因子の水準と参照因子水準の比較を表します。

k個の異なる応答値がある場合は、Minitabはk-1セットの推定係数を推定します。これらは、log見込、または参照事象に関連付けられた応答変数の水準のlogitにある推定された差です。各セットには因子と共変量に対する定数と係数が含まれています。これらのパラメータ推定のセットによって、応答値が並行ではない直線になることに注意してください。パラメータ推定は次のように解釈されます。
  • 予測変数(因子または共変量)の係数は、他の予測変数が一定であると仮定した場合の、予測変数値の1単位分の変化に対するP(応答水準)/P(参照事象)の対数の推定変化です。
  • 係数はオッズ比、つまり2つの見込みの比を計算するためにも使用されます。因子の推定係数を累乗すると、参照水準と比較した特定の因子水準に対するP(応答水準)/P(参照事象)の比が算出されます。共変量の異なる値でのオッズ比は0に対して作成できます。共変量の場合は、見込比ではなく、見込を解釈する方がより有意な場合があります。係数が0、またはオッズ比が1の場合は同じことを意味します。つまり、因子または共変量は効果がありません。

パラメータ推定値の表示を変更するには、[オプション]サブダイアログボックスで参照事象または参照水準を変更します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください