RREGRESSセッションコマンドを使用したロバスト回帰の実行

RREGRESSはロバスト性が高く、漸近的な分布がない、通常の最小二乗の分析の代替手段になります。回帰の係数は、残差の分散を最小化することで検出されます(回帰の係数を推定する方法は2つのサンプルの問題に関するマン-ホイットニー-ウィルコクソン手法を拡張したものです)。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください