安定性分析のBox-Cox変換を実行する

統計 > 回帰 > 安定性分析 > 安定性分析 > Box-Cox

製品の劣化が時間に対して線形でない場合、Box-Cox変換はその関係を線形に変換できます。残差が正規分布ではないか均一な分散ではない場合に、応答データに対してBox-Cox変換を実行することもできます。データ変換時に、応答データは変換されて、分析で使用されます。データが大幅にゆがんでいる場合を除き、通常はデータの非正規性を修正する必要はありません。Box-Cox変換を使用するときは、すべての応答データを正の値(>0)にする必要があります。Box-Cox変換を使用する前に、注意してモデルにチェックマークを付けます。
Box-Cox変換
データ変換のためにMinitabで使用するラムダ(λ)値を選択します。
  • 変換なし: 元の応答データを使用します。
  • 最適のλ: このオプションは、バッチが変量因子の場合は利用できません。最適なラムダを使用して、変換を最大限適合します。最適なラムダは、0.5または最も近い整数で四捨五入されます。
  • λ = 0 (自然対数): データの自然対数を使用します。
  • λ = 0.5 (平方根): データの平方根を使用します。
  • λ: ラムダとして指定された値を使用します。その他の一般的な変換方法は、二乗(λ = 2)、逆平方根(λ = -0.5)、および逆関数(λ = -1)です。通常、-2から2の範囲外の値は使用しないでください。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください