変量バッチの安定性分析の適合値と残差を求める方法と計算式

目的の方法または計算式を選択してください。

適合値

予測されたYまたはは、推定回帰式を使用して得られた予測変数値の平均応答値です。

周辺適合値の標準誤差(SE Fit)

混合モデルの周辺適合値の標準誤差は、固定効果の検定方法により異なります。どちらの方法でも、標準誤差は適合値の分散行列の対角要素の平方根です。

ケンワードーロジャー法

ここで

サタスウェイトの近似

ここで

残差

残差は、観測値と適合値の差です。この部分の観測値は適合モデルでは説明されません。観測値の残差は以下になります。

バッチが変量因子の場合、Minitabは2種類の残差を計算します。周辺残差では、変量バッチの適合値を使用するので、バッチの係数は式内にはありません。

条件付き残差では、データにあるバッチの適合値を使用します。

表記

用語説明
yii番目の観測応答値
i番目の適合応答値
適合応答値のベクトル
X固定効果の計画行列
固定予測変数のベクトル
Z変量因子の計画行列
推定BLUP値のベクトル

標準化残差

標準化残差は、「内部的スチューデント化残差」とも呼ばれます。

残差の標準偏差は、残差分散行列の適切な対角平方根です。

ここで

表記

用語説明
eii番目の残差
Std(ei)i番目の残差の標準偏差

信頼区間

特定の予測値における推定された平均応答値が分類されると予測される範囲。

混合モデルの適合値の標準誤差は、以下の行列の対角要素の平方根です。

ここで

自由度は、バッチが変量因子の場合に以下の計算式を使用します。

ここで

表記

用語説明
t1-α/2, df所定の自由度を持つt分布から得られる1–α/2百分位
適合値の標準誤差
X計画行列(定数を含む)
X'Xの転置
誤差の分散成分
i番目の変量因子の分散成分
Ziモデル内のi番目のランダム効果に対する既知のコーディングのn x mi行列
Zi'Ziの転置
Innの行と列を持つ恒等行列
xi適合または予測の予測変数値
W誤差の分散成分の漸近的な分散共分散行列
cモデル内のランダム効果の数

予測区間

新しい観測値の予測応答が含まれると予想される範囲。予測区間の計算は、周辺適合値または条件付き適合値の区間を計算するかどうかによって変わります。

周辺適合値

ここで

t統計量の自由度は以下の計算式で条件づけられます。

ここで

条件付き適合値

ここで

t統計量の自由度は以下になります。

ここで

表記

用語説明
所定の自由度を持つt分布から得られる1–α/2百分位
ランダム予測変数の新しい値のベクトル
誤差の分散成分
固定予測変数の新しい値のベクトル
i番目の変量因子の分散成分
Immの行と列を持つ恒等行列
mモデル内のi番目のランダム項を表す計画行列の列数
cモデル内のランダム効果の数
Ziモデル内のi番目のランダム効果に対するn x mi計画行列
Z'iZiの転置
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください