偏最小二乗回帰の統計量を保存する

統計 > 回帰 > PLS > 保存

分析によって得られる統計量は、その他の分析、グラフ、マクロで使用できるようにワークシートに保存することができます。Minitabでは、選択された統計量を最後のデータ列の後に保存します。保存列の名前の末尾は数字になっており、同じ統計量を複数回保存するごとに数値が大きくなります。

これらの統計量についての詳細は、すべての統計量とグラフを参照してください。

係数
これらの値は列「Coef1」および「Coef2」というように各応答につき1列に保存されます。
標準化係数
これらの値は列「SCoef1」および「SCoef2」というように各応答につき1列に保存されます。
適合値
適合値は列「Fit1」および「Fit2」というように各応答につき1列に保存されます。
交差検証された適合値
適合値は列「CVFit1」および「CVFit2」というように各応答につき1列に保存されます。
残差
これらの値は列「Resid1」および「Resid2」というように各応答につき1列に保存されます。
交差検証された残差
これらの値は列「PResid1」および「PResid2」というように各応答につき1列に保存されます。
標準化残差
これらの値は列「SResid1」および「SResid2」というように各応答につき1列に保存されます。
てこ比
これらの値は列「Leverage1」に保存されます。
Xからの距離
これらの値は列「XDist1」に保存されます。
Yからの距離
これらの値は列「YDist1」に保存されます。
Xスコア
これらの値は行列「XScore1」に保存されます。行列をセッションウィンドウに表示するには、データ > データの表示を選択します。行列をワークシートに表示するには、データ > コピー > 行列から列にを選択します。
X負荷量
これらの値は行列「XLoad1」に保存されます。行列をセッションウィンドウに表示するには、データ > データの表示を選択します。行列をワークシートに表示するには、データ > コピー > 行列から列にを選択します。
X重み
これらの値は行列「XWeight1」に保存されます。行列をセッションウィンドウに表示するには、データ > データの表示を選択します。行列をワークシートに表示するには、データ > コピー > 行列から列にを選択します。
X残差
これらの値は行列「XResid1」に保存されます。行列をセッションウィンドウに表示するには、データ > データの表示を選択します。行列をワークシートに表示するには、データ > コピー > 行列から列にを選択します。
X計算値
これらの値は行列「XCalc1」に保存されます。行列をセッションウィンドウに表示するには、データ > データの表示を選択します。行列をワークシートに表示するには、データ > コピー > 行列から列にを選択します。
Yスコア
これらの値は行列「YScore1」に保存されます。行列をセッションウィンドウに表示するには、データ > データの表示を選択します。行列をワークシートに表示するには、データ > コピー > 行列から列にを選択します。
Y負荷量
これらの値は行列「YLoad1」に保存されます。行列をセッションウィンドウに表示するには、データ > データの表示を選択します。行列をワークシートに表示するには、データ > コピー > 行列から列にを選択します。
Y残差
これらの値は列「YResid1」および「Resid2」というように各応答につき1列に保存されます。Y残差はモデルに対する残差と同じです。
Y計算値
これらの値は列「YCalc1」および「YCalc2」というように各応答につき1列に保存されます。Y計算値はモデルに対する適合値と同じです。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください