偏最小二乗回帰の方法表

方法表の定義と解釈について解説します。

交差検証

交差検証では、潜在的なモデルの予測能力が計算されるため、モデルに含める成分の適切な数を決定する際に便利です。データの最適な成分数がわからない場合は、交差検証を使用します。データに複数の応答変数がある場合、Minitabでは、すべての応答に対して同時に成分の妥当性が確認されます。詳細は、PLS回帰における交差検証を参照してください。

Minitabでは、3つの交差検証法を実行できます。
  • 観測値を1つずつ省略: 観測値を一度に1つ除外して潜在的なモデルを計算します。
  • サイズから観測値を省略: モデルが再計算される度に除外される観測値の数を判断します。このモデルは、モデルを再計算する回数を減らすので、データセットが大きい場合に特に適しています。
  • 指定した列のとおりに省略: モデルの計算とグループ識別子の列数に適合する観測値の省略を同時に実行します。この方法を使用すると、同時に省略する観測値を指定することができます。たとえば、数値1、2、3をグループ識別子の列に含める場合は、1を含むすべての観測値が同時に省略され、モデルが再計算されます。次に、2を含むすべての観測値が省略され、モデルが再計算されるという流れになります。

成分

評価や計算をする成分は、Minitabがモデル内の成分数を判断するかどうか、またはモデルに含まれている成分数を指定するかどうかを表示します。

解釈

この一覧では、可能性のある値とその意味を表示します。
  • 設定: 10個の成分を評価または計算します。
  • ユーザー指定: 指定した成分数を評価または計算します。
  • 調整済み: 項の数に等しい成分数を評価または計算します。指定した数が項の数よりも多い場合、この値が表示されます。成分数は項の数よりも多くなることはありません。

成分の数

表示される成分は交差検証を実行するかどうかで変わります。詳細は、PLS回帰における交差検証を参照してください。

交差検証を実行しない場合、計算される成分数が表示されます。これは、指定した数のことです。数値を指定していない場合、10(デフォルト)または項の数(いずれか少ない方の数)です。

交差検証を実行する場合、以下が表示されます。
  • 評価する成分数。この数は、指定された最大成分数と等しいか、デフォルトの10成分または項の数(いずれか少ない方の数)と等しいです。
  • 最大の予測R2を持つモデルに基づいて、交差検証によって選択された成分の数。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください