直交回帰の分析オプションを選択する

統計 > 回帰 > 直交回帰 > オプション
信頼水準

係数の信頼区間の信頼水準を入力します。

通常、95%の信頼水準が適切です。95%の信頼水準は、母集団から100個のランダムサンプルを採取した場合、サンプルのうちおよそ95個の信頼区間に係数の本当の値が含まれることを示しています。与えられたデータセットにおいて、信頼水準の値を低くすると信頼区間が狭くなり、信頼水準を高くすると信頼区間が広くなります。

Xの新しい観測値を入力してYを予測
数値の予測値、予測変数の列、または予測変数を含む定数を入力します。予測変数のデータ型は、モデルの予測変数のデータ型と同じである必要があります。
保存
予測値
ワークシートの列に予測値を保存します。
予測値の標準偏差
ワークシートの列に予測値の標準偏差を保存します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください