順位ロジスティック回帰の概要

順位ロジスティック回帰を使用して、1組の予測変数と順位応答の関係をモデル化します。順位応答には、低、中、および高などの順位を持つ結果が3種類以上あります。 交互作用項や多項式項を含めたり、項を他の項内に枝分かれさせたり、異なるリンク関数を適合したりできます。

たとえば、フィールド生物学者がサンショウウオの寿命を研究しており、寿命が地域や水の毒性水準に関係しているかどうかを判断したいとします。生物学者は寿命を、10日未満、11~30日、30日以上の3つのカテゴリに分割します。応答が順位変数なので、生物学者は順位ロジスティック回帰を使用します。

この分析の場所

順位ロジスティック回帰を使用するには、統計 > 回帰 > 順位ロジスティック回帰を選択します。

他の分析を使用する場合

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください