非線形回帰の応答値を予測する

統計 > 回帰 > 非線形回帰 > 予測
予測変数の新しい観測値
予想関数の各予測変数に対して、予測変数の数値またはワークシートの列を入力します。列を入力する場合、各列は予測変数を表し、予測変数の数値が含まれます。すべての列に同じ行数が含まれます。引数(値と列)の数と入力する順序は、予想関数と一致させる必要があります。ある予測変数がその予想関数内で複数回表示される場合は、最初のインスタンスにのみ引数を入力します。
限界のタイプ
信頼区間と予測区間のタイプを指定します。オプションダイアログボックスの信頼区間を変更できます。
両側
  • 両面信頼区間を使用して、平均応答数の下側境界になる可能性のある値と上側境界になる可能性のある値を推定します。
  • 両面予測区間を使用して、1つの将来の観測値の下側境界になる可能性のある値と上側境界になる可能性のある値を推定します。
下限
  • 下側の信頼境界を使用して、平均応答の最も下側の境界になる可能性のある値を推定します。
  • 下側の予測境界を使用して、1つの将来の観測値の最も下側の境界になる可能性のある値を推定します。
上限
  • 上側の信頼境界を使用して、平均応答の最も上側の境界になる可能性のある値を推定します。
  • 上側の予測境界を使用して、1つの将来の観測値の最も上側の境界になる可能性のある値を推定します。
保存
適合値
新しい観測値の適合値を保存します。
適合値の標準誤差
適合値の推定標準誤差を保存します。
信頼限界
予測の信頼区間の上限と下限を保存します。
予測限界
予測区間の上限と下限を保存します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください