非線形回帰の概要

通常の偏最小二乗回帰を使って、連続応答変数と1つ以上の予測変数の関係を十分にモデル化できない場合、非線形回帰を使用します。関係の記述に非線形関数を指定できる場合に、非線形回帰モデルを使用します。

例えば、科学者は、半導体の電子移動度と、半導体密度の自然対数との関係を理解したいと考えているとします。科学者は、最適な線形モデルの適合度には偏りがあるため、非線形モデルを使用します。

詳細は非線形回帰を理解するを参照してください。

この分析の場所

非線形回帰を実行するには、統計 > 回帰 > 非線形回帰を選択します。

他の分析を使用する場合

  • 線形モデルが適切にデータに適合するかどうかを判断するには、適合回帰モデルを使用します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください