適合線プロットの概要

1つの連続予測変数と1つの応答の関係を表示するには、適合線プロットを使用します。線形、2次、3次モデルをデータに適合することができます。適合線プロットは、回帰式を表す回帰直線を持つデータの散布図を示します。

例えば、製造現場の技師がエネルギー消費と製造工程で使用される機械の設定の関係を調べたいとします。技師は、これらの変数の関係が曲線性の関係を考えます。したがって、技師は適合線プロットを作成した後、データに2次モデルを適合します。

この分析の場所

適合線プロットを作成するには、統計 > 回帰 > 適合線プロットを選択します。

他の分析を使用する場合

  • カテゴリ予測変数が1つあり、連続予測変数がない場合は、一元配置分散分析を使用します。
  • 予測変数が複数ある場合は、適合回帰モデルを使用します。
  • 応答と予測変数の両方のカテゴリ変数のみがある場合は、一般線形モデルとはを参照して、使用する回帰分析のタイプについて学んでください。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください