適合回帰モデルのデータを入力する

統計 > 回帰 > 回帰 > 回帰モデルの当てはめ

分析するデータの列を指定するには、次の手順を実行します。

  1. 応答に、説明または予測する数値データ列を1つ以上入力します。応答変数はY変数とも呼ばれます。
  2. 連続予測変数に、応答の変化を説明または予測する数値データ列を入力します。予測変数はX変数とも呼ばれます。
  3. カテゴリ予測変数に、生データなどの、応答の変化を説明または予測するカテゴリ分類またはグループ割り当てを入力します。予測変数はX変数とも呼ばれます。
このワークシートでは、の強度は応答変数であり、合成繊維のサンプルの強度測定値を扱います。の温度は連続予測変数であり、機械はカテゴリ予測変数です。予測変数は繊維強度の違いを説明する。ワークシートの1行目で、最初の繊維サンプルの強度は40、温度は136であり、機械Aで製造したことがわかる。
C1 C2 C3
強度 温度 機械
40 136 A
53 142 A
32 119 B
36 127 A
42 151 B
45 121 B
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください