2値適合線プロットの分析オプションの指定

統計 > 回帰 > 2値適合線プロット > オプション

全区間の信頼水準

適合線プロットに表示される信頼区間の信頼水準を入力します。

通常、95%の信頼水準が適切です。95%の信頼水準は、母集団から100個のランダムサンプルを採取した場合、サンプルのうちおよそ95個の信頼区間に区間から推定されるパラメータが含まれることを示しています。与えられたデータセットにおいて、信頼水準の値を低くすると信頼区間が狭くなり、信頼水準を高くすると信頼区間が広くなります。

信頼区間を表示するには、グラフサブダイアログボックスに移動して、2値適合線プロットの下で信頼区間を表示を選択してください。

信頼区間のタイプ

両面区間または片側境界を選択できます。信頼水準が同じ場合、境界は信頼区間の点推定に近いです。上側境界は、下側の境界の値になる可能性をもたらしません。下側境界は、上側の境界の値になる可能性をもたらしません。
両側
  • 両側信頼区間を使用して、事象が発生する確率の可能性のある上限値と下限値を推定します。
下限
  • 下側信頼境界値を使用して、事象が発生する確率の可能性のある下限値を推定します。
上限
  • 上側信頼境界値を使用して、事象が発生する確率の可能性のある下限値を推定します。

オッズ比の増分

データ単位に基づきオッズ比を計算するため、値を入力して単位を変更します。たとえば、予測変数がグラム単位の質量である場合、1000を入力してキログラムのオッズ比の変化を判断します。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください