単純コレスポンデンス分析の概要

単純コレスポンデンス分析を使用して、2元分類における関係を調べます。単純コレスポンデンス分析では分割表が分解されますが、その方法は主成分分析における多変量連続データの分解と似ています。単純コレスポンデンス分析ではまずデータの固有分析が行われ、変動性が潜在的な次元に分割されて行と列(またはそのどちらか)に関連付けられます。この分析を使用して、行と列のデータ点を視覚的に表現するグラフを作成して、変数カテゴリ間の構造全体の関係を調べることができます。

たとえば、研究者は、単純コレスポンデンス分析を使用して、10の学問分野と5つの資金カテゴリとの関係性を比較する方法を決定します。

この分析の場所

単純コレスポンデンス分析を実行するには、統計 > 多変量解析 > 単純コレスポンデンス分析を選択します。

他の分析を使用する場合

この分析は、2つ、3つ、または4つのカテゴリ変数と一緒に使用できます。カテゴリ変数が5つ以上ある場合は多重コレスポンデンス分析を使用してください。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください