多重コレスポンデンス分析法

多重コレスポンデンス分析により、入力したすべての変数で形成された指標変数の行列が分解されます。単純コレスポンデンス分析とは異なり、すべての行クラスがあるカテゴリ変数を元にしており、すべての列クラスが別なカテゴリ変数を元にしている場合、多重コレスポンデンス分析のすべてのカテゴリ変数のクラスには列寄与度しかないことになります。

多重コレスポンデンス分析は、指標変数の行列の重み付け主成分分析を実行します。jカテゴリ列のカテゴリ数がc1, c2, ... , cjの場合、基底となる次元数は(ci - 1)の和(i = 1, 2, ... , j)です。

単純コレスポンデンス分析と同様、多重コレスポンデンス分析はピアソンχ2統計量を分割します。行プロファイルと列プロファイルの両方が含まれる単純コレスポンデンス分析とは異なり、多重コレスポンデンス分析には列プロファイルしか用意されません。行がないので、多重コレスポンデンス分析には、1つのグラフ、列座表を表示する列プロットしかありません。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください