クラスター平均法の概要

クラスター平均法を使用して、共通の特性を共有するクラスターに観測値をグループ化します。この方法は、クラスターに対する良好な開始クラスター指定を行うために十分な情報がそろっている場合に最適です。

たとえば、あるビジネス分析者が、クラスター分析K平均法を使用して、活躍のめざましい中小の製造業者22社を、今後の分析のために意味のあるグループに分類しようとしています。分割プロセスを開始するために、これらの会社を初期グループとして大手企業、成長企業、有望企業の3つに分けます。

クラスター分析K平均法では、非階層クラスター化法を使用して、観測値をグループ分けします。このため、クラスター化プロセスでは、2つの観測値を結合後に別々のクラスターに分けることがあります。

この分析の場所

クラスター分析K平均法を実行するには、統計 > 多変量解析 > クラスター分析 - K-Means法を選択します。

他の分析を使用する場合

  • 観測値をグループ化する場合、グループを形成する方法に関する最初の情報を持っていないときはクラスター観測値を使用します。
  • 観測値ではなく変数をグループ化する場合、クラスター変数を使用します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください