Minitabによる既存の計画への信号因子の追加方法

既存の静的計画に、信号因子を追加すると、因子列の最後に新しい信号因子列が追加され、既存のワークシートの最後に新しい行(反復)が追加されます。たとえば、2つの水準を持つ信号因子を既存のL4(23)直交表に追加すると、4行(4つの実行の1つの反復)がワークシートに追加されます。3つの水準を持つ信号因子を追加すると8行(4つの実行の2つの反復)がワークシートに追加されます。1つの反復は静的計画の実行セット全体です。

A B
1 1
1 2
2 1
2 2
静的計画
A B 信号因子
1 1 1
1 2 1
2 1 1
2 2 1
1 1 2
1 2 2
2 1 2
2 2 2
動的計画、2水準信号
A B 信号因子
1 1 1
1 2 1
2 1 1
2 2 1
1 1 2
1 2 2
2 1 2
2 2 2
1 1 3
1 2 3
2 1 3
2 2 3
動的計画、3水準信号

既存の静的計画に信号因子を追加すると、新しい計画の作成中に信号因子を追加するときとは実行順序が異なります。行の順序はタグチ計画の分析に影響しません。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください