タグチ計画の交絡構造を表示または変更する

交絡構造を表示する

2水準のL4、L8、L16、またはL32計画がある場合、要因計画の分析を使用して交絡構造を表示できます。

たとえば、3つの2水準因子を使用するL8タグチ計画を作成するとします。因子をC1、C2、C3に、応答をC4、C5に入力します。交絡構造を表示するには、次の操作を行います。
  1. 統計 > 実験計画法(DOE) > 要因計画 > カスタム実施要因計画の定義を選択します。
  2. 因子に、C1 C2 C3と入力します。
  3. 下限/上限をクリックします。各ダイアログボックスでOKをクリックします。
  4. 統計 > 実験計画法(DOE) > 要因計画 > 要因計画の分析を選択します。
  5. 応答C4と入力します。OKをクリックします。

Minitabではセッションウィンドウの下部に交絡構造が表示されます。その他の出力は無視できます。

計画を分析するには、タグチ計画として再定義する必要があります。

  1. 統計 > 実験計画法(DOE) > タグチ > カスタムタグチ計画を定義を選択します。
  2. 因子に、C1-C3と入力します。該当する場合は信号因子を入力します。OKをクリックします。

交絡構造を変更する

タグチ計画を作成するときに交絡構造を変更するには、次の操作を行います。
  1. 統計 > 実験計画法(DOE) > タグチ > タグチ計画を作成 > 因子を選択します。
  2. 因子を割り当てる直交表の列を入力します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください