応答曲面計画に中心点を含めるべきか

中心点の数と、α値(中心複合計画の場合)によって、計画に直交ブロックを含められるかどうかが決まります。デフォルトでは、直交ブロックを含められる中心点の数が採用されます。

中心点を含めると、実験の誤差が推定され、モデルの適合度を確認できます。不適切なモデルからは適切な結論を出せないため、適合したモデルの適合度を確認することは重要です。

デフォルトの中心点の数は、[統計] > [DOE] > [応答曲面] > [応答曲面計画の作成] > [計画]ダイアログボックスに表示されます。

ボックスーベンケン(Box-Behnken)計画にブロックが含まれている場合、可能な限り、中心点がブロック間で均等に分割されます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください