混合計画で上限と下限が必要になる場合

デフォルトでは、制約のない計画が設定されます。つまり、どの成分も下限が0で上限が1です。しかし、混合実験によっては、一部または全部の成分に対して下限または上限を設定しなければならないことがあります。
  • 下限は、成分のいずれかが必ず混合成分として含まれなければならない場合に必要となります。たとえば、レモネードには必ずレモン果汁が含まれていなければなりません。
  • 上限は、混合物がある成分を指定された比率より多く含んではならない場合に必要になります。たとえば、ケーキの混合物には5%を超えるベーキングパウダーを含めることはできません。

制約された計画(上限または下限を指定する計画)では、互いに高度に相関する係数が算出されます。一般に、係数間の相関は、成分を疑似成分に変換すると低減できます。

デフォルトの下限が変更されたときの、達成可能な上限の計算方法

ある成分でデフォルトの下限を変更すると、その他の成分の達成可能な上限値がそれに合わせて下がります。成分iの達成可能な上限(Ui)は、次のようになります。
  • Ui=混合の合計-[L1+L2+...+L(i-1)+L(i+1)+...+Lq](Lは下限、qは成分数)

指定した下限と達成可能な上限は、どちらもセッションウィンドウに出力されます。たとえば、3つの成分があり、混合量の合計が10だとします。下限としてL1=0、L2=2、L3=1を入力すると、達成可能な上限はU1=7、U2=9、U3=8になります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください