2水準要因計画において変動が最小になる因子設定の決定

変動性の分析繰り返し測定値または反復測定値が含まれる2水準要因計画において、変動性がより小さい結果を生み出す因子設定を見つけ出します。Minitabでは、応答の標準偏差を計算して保存し、その標準偏差を分析して因子設定間の差異、つまり散布効果を検出します。

たとえば、ある出版会社は、最もプリント品質の高い印刷機(1または2)と印刷速度(AまたはB)を特定しようとしています。変動性の分析を使用すると、特定の設定の組み合わせ(印刷機1と印刷速度B)の場合に変動が過剰になり大量のページが判読不可能になることが分かります。要因計画の分析を使用して平均を分析すると、最良の平均値と最も一貫した応答の両方が得られる設定を特定することができます。

要因計画の分析の応答平均を分析する際に変動性の分析の結果を重みとして使用できます。分散が一定でない場合、大きな分散がある観測値には比較的小さな重みが、小さな分散のある観測値には比較的大きな重みが与えられます。

  • 統計 > 実験計画法(DOE) > 要因計画 > 変動性の分析にアクセスします。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください