Minitabによる2水準要因計画の中心点の処理方法

2水準要因計画に中心点が含まれている場合、Minitabでは中心点を使用して平面(すべての線形項)を適合し、その後、中心点を適合します。中心点が平面から遠い場合、モデルに曲面性があると結論づけることができます。ただし、これは、計画に含まれない予測変数値に対してはモデル内のすべての点が適合する1つの曲面が存在しないため、応答値を予測するのが不可能であることも意味します。この場合、軸点を追加して、応答曲面計画によって曲面性をモデル化する場合があります。

一方、中心点がモデルに含まれていない場合、Minitabでは中心点の実行も含め、モデル内のすべての点を使用して平面を適合します。これは、曲面性を検定できないことを意味しますが、モデルが1つの曲面であるため、モデルに含まれない値の応答を予測できます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください