交絡および別名構造とは

別名、または交絡は、計画には因子水準のすべての組み合わせは含まれないため、一部実施要因計画において発生します。たとえば、因子Aが三元交互作用BCDと交絡する場合、Aの効果の推定値は、Aの効果とBCDの効果の合計になります。有意な効果がAによるものかBCDによるものか、あるいはその両方の組み合わせによるものかを特定できません。Minitabにおける計画の分析では、モデルに交絡項を追加することができます。項リストの後の方の項が削除されます。ただし、特定の項は常に最初に適合されます。たとえば、モデルにブロックを追加した場合、Minitabはブロック項が維持され、ブロックと別名関係にある項が削除されます。

別名構造は、計画において発生する交絡パターンを記述するものです。互いに交絡する項は「別名関係にある」とも言います。

交絡構造を解明するには、I+ABCDEのような恒等ステートメントを使用します。どの効果とどの効果が交絡しているかを判断するために、対象となる項に恒等ステートメントを掛けた後、2次項を除外します。たとえば、BCと交絡している項を特定するには次のようにします。

(BC)(I+ABCDE)=BC+AB 2C 2DE=BC+ADE

したがって、BCとADEは相互に交絡しています。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください