内側直交表内の因子を修正

統計 > 実験計画法(DOE) > 計画を修正 > 内側直交表内の因子を修正 > 指定する

因子名を修正し、因子設定に値を割り当てます。通常は、計画作成の際に因子の水準を指定しなかった場合に、因子を修正します。デフォルトの水準は連続する整数、1、2、3という風にコード化されています。

たとえば、ある技師がそれぞれ2つの水準を持つ3つの制御因子の効果を調べるためにタグチ計画を作成するとします。Minitabで計画を作成する際、技師は因子水準を指定しませんでした。このため、Minitabによって因子水準は1と2とコード化されました。技師は、データを収集する前に因子水準を意味をなす値に設定したいと考えています。

計画を作成したときに因子水準を指定した場合は、計画を表示からコード化と比コード化を切り替えることができます。

因子
計画内の因子を表示します。この列に対して入力を行うことはできません。
名前
因子の名前を変えたい場合に、新しい名前を入力します。
水準値
因子の各水準の値を数値またはテキストで入力します。デフォルトでは、因子水準に1、2、3、などの整数が割り当てられます。
水準
計画に含まれる各因子の水準数が表示されます。この列に対して入力を行うことはできません。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください