タグチ計画を作成の因子を指定する

統計 > 実験計画法(DOE) > タグチ > タグチ計画を作成 > 因子

因子名、水準値、および直交表の列を割り当てるには、次の手順を実行します。推定する交互作用を指定することもできます。

因子の割り当て

  1. 交互作用を推定するかどうかを指定します。交互作用を指定すると、直交表の列に因子が割り当てられます。交互作用を指定しない場合は、直交表の列を変更することができます。
    • 下に指定された直交表の列:直交表の別の列に因子を割り当て、実験の因子設定の組み合わせを変更します。割り当てる列は直交表の列を参照するので、この割り当てはワークシート内の因子の順番には影響しません。たとえば、因子Aを直交列の列3に割り当てても、ワークシートの先頭の列にはAは残ったままです。
    • 選択した交互作用の推定を許可:選択した交互作用を推定するために、Minitabによって自動的に因子が直交表の列に割り当てられます。詳細はタグチ計画における交互作用と交互作用表を参照してください。

      交互作用をクリックして推定する交互作用を指定します。

  2. 名前で、因子ごとの記述名を入力します。デフォルトでは、因子にアルファベットの名前(Iを除く)がつけられます。
  3. 水準値で各因子の水準値を入力します。 たとえば、ある技師は4つの温度を分析するために150 200 250 300と入力します。
  4. で各因子の直交表の列を選択します。 推定する交互作用を選択する場合、Minitabによって割り当てられる直交表の列は変更できません。 水準には各因子の水準数が表示されます。ここでは水準数は変更できません。因子水準の数を変更する場合は、タグチ計画を作成の計画の種類を指定するを参照してください。

動的計画の信号因子

  1. 名前で、信号因子の記述名を入力します。デフォルトでは信号が使用されます。
  2. 水準値で、信号因子の水準値を数値で入力します。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください