タグチ計画を作成の計画を指定する

統計 > 実験計画法(DOE) > タグチ > タグチ計画を作成 > 計画

次の手順を実行して、タグチ計画の実行数を指定します。動的応答がある場合は信号因子を追加することもできます。

静的計画と動的計画に関する詳細は、タグチ計画を参照してください。因子に関する詳細は、タグチ計画の因子を参照してください。

  1. タグチ計画の実行数を選択します。 たとえば、4つの因子を持つ3水準計画がある場合、次のいずれかの計画を選択できます。
    • L9計画の実行数は9です。34は、3水準4因子を表します。
    • L27計画の実行数は27です。34は、3水準4因子を表します。
    混合水準計画は、さらに複雑です。混合水準を持つ計画の場合、因子水準数と実験の実行数の両方を指定する必要があります。たとえば、2つの因子を持つ混合水準計画の場合、次のいずれかの計画を選択できます。
    • 4水準因子が1つ(41)と2水準因子が1つ(21)の、8回の実行数を持つL8計画。
    • 8水準因子が1つ(81)と2水準因子が1つ(21)の、16回の実行数を持つL16計画。
    • 2水準因子が1つ(21)と3水準因子が1つ(31)の、18回の実行数を持つL18計画。
    • 6水準因子が1つ(61)と3水準因子が1つ(31)の、18回の実行数を持つL18計画。
  2. (オプション)動的応答に信号因子を追加したい場合は動特性の信号因子を追加を選択します。 信号因子を追加する場合、因子をクリックして信号因子名と水準値を指定する必要があります。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください