タグチ計画を分析(動的)の統計量を保存する

統計 > 実験計画法(DOE) > タグチ > タグチ計画の分析 > 保存

分析で得られた統計量は、ワークシートに保存して、他の分析、グラフ、マクロで使用できるようにすることができます。Minitabでは、データの最後の列の後にその統計量を保存します。保存列の名前の末尾は数字になっており、同じ統計量を複数回保存するごとに数値が大きくなります。

保存できる統計量は、その分析の場合に選択したオプションによって異なります。 特定の統計量についての詳細は、すべての統計量とグラフを参照してください。

応答統計量

SN比
SN比は列SNRA1に保存されます。
傾き
傾きは列SLOPE1に保存されます。
切片
切片は列INT1に保存されます。
標準偏差 (MSEの平方根)
標準偏差は、列STDE1に保存されます。
標準偏差のLn
標準偏差の自然対数は、列LSTD1に保存されます。

適合値と残差

保存できる統計量を取得するには、分析サブダイアログボックスで線形モデルを適合する必要があります。
適合値
SN比、傾き、および標準偏差の適合値は、列FITS_SN1FITS_SLOPES1FITS_STDEV1に保存されます。
残差
SN比、傾き、および標準偏差の残差は、列RESI_SN1RESI_SLOPES1RESI_STDEV1に保存されます。
標準化残差
SN比、傾き、および標準偏差の標準化残差は、列SRES_SN1SRES_SLOPES1SRES_STDEV1に保存されます。
削除した残差
SN比、傾き、および標準偏差の削除残差は、列TRES_SN1TRES_SLOPES1TRES_STDEV1に保存されます。

モデル情報

保存できる統計量を取得するには、分析サブダイアログボックスで線形モデルを適合する必要があります。
係数
SN比、傾き、および標準偏差の係数は、列COEF_SN1COEF_SLOPES1COEF_STDEV1に保存されます。
計画行列
計画行列はXMAT1と呼ばれる行列に保存されます。

他の診断

保存できる統計量を取得するには、分析サブダイアログボックスで線形モデルを適合する必要があります。
Hi (てこ比)
てこ比は列HI1に保存されます。
Cookの距離
SN比、傾き、および標準偏差のクックの距離は、列COOK_SN1COOK_SLOPES1COOK_STDEV1に保存されます。
DFITS
SN比、傾き、および標準偏差の係数は、列DFIT_SN1DFIT_SLOPES1DFIT_STDEV1に保存されます。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください