カスタム決定的スクリーニング計画を定義の計画の情報をより詳しく指定する

統計 > 実験計画法(DOE) > スクリーニング > カスタムスクリーニング計画の定義 > 計画

ワークシートにすでにある計画列を指定することができます。計画情報が含まれる列がない場合は、自動的に新規の列が作成されます。

標準のデータ順序列
列を指定しない場合、データの行順の列が作成されます。標準順序は、イェイツ(Yates)順序とも呼ばれます。
  • データの順序:標準順序列がワークシートにない場合、または標準順序がワークシートの順序である場合、このオプションを選択します。
  • 列を指定:ワークシートに実験実行の標準順序を特定する列が含まれている場合、このオプションを選択します。
実行順序列
列を指定しない場合、データの行順の列が作成されます。
  • データの順序:ワークシートに実行順序列がない場合や、実験の順序が実行するべき順番になっている場合は、このオプションを選択します。
  • 列を指定:ワークシートの列に実験実行が行われる順序を特定する列が含まれている場合、このオプションを選択します。
計画点タイプ列
点の種類を特定するには、Minitab統計ソフトウェアで次の値を持つ列を使用します。
  • 0:すべての因子が中点にある行(中心点)。
  • 1:すべての因子が最小または最大に設定されている行(立方体の点または頂点)。
  • 2:一部の因子が中点に、それ以外の因子が最小または最大に設定されている行。
列を指定しない場合、すべての行が1の列が作成されます。新しく作成された列は、計画を定義した後に点のタイプを識別することができます。
  • なし:正しいフォーマットを持つ列がワークシートにない場合このオプションを選択します。
  • 列を指定:正しいフォーマットを持つ列がワークシートにある場合このオプションを選択します。
ブロック
複数の値が入った列を指定すると、Minitab統計ソフトウェアではモデルのブロックの項を含みます。列を指定しない場合、すべての行が1の列が作成されます。新しく作成された列は、計画を定義した後に直接編集してブロックを識別することができます。
  • ブロックなし:ワークシートにブロック列が存在しない場合や計画にブロックが存在しない場合は、このオプションを選択します。
  • 列を指定:ワークシートの列によって、各ブロックに含まれる実行が示されている場合は、このオプションを選択します。
このワークシートでは、これらの列により、計画に関する詳細が得られます。
  • 標準順序:この列には標準順序の実行が含まれています。
  • 実行順序:この列には実験を実行するべき順番が含まれています。このワークシートでは、実行順序が標準順序にならないよう、因子設定の順序がランダム化されています。
  • 計画点タイプ:この列の1行目には2が設定されており、温度は最大と最小の設定の中間にあります。2番目の行では時間が最小に、圧力が最大に設定されているので、この列には1が設定されています。3つの連続因子はすべて最大と最小の設定の中間に設定されているので、4番目の行には0が設定されています。
  • ブロック:計画にはブロックがないので、この列にはすべての行に1が設定されています。
C1 C2 C3 C4-T C5 C6 C7 C8
時間 温度 圧力 触媒 ブロック 標準順序 実行順序 計画点タイプ
50 175 10 B 1 3 1 2
20 200 10 B 1 6 2 1
20 150 35 B 1 8 3 2
35 175 35 A 1 9 4 0
20 175 60 A 1 4 5 2
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください