カスタム決定的スクリーニング計画を定義のデータに関する考慮事項

計画を定義する際は、次のガイドラインを考慮してください。

この計画では線形、2次、交互作用効果をスクリーニングします。
決定的スクリーニング計画は、通常、因子が多くあるものの、少数の線形、2次、交互作用の効果が重要だと考えた場合のものです。
テキスト因子には2つの水準がある
計画に3つ以上の水準を持つテキスト因子がある場合、計画を定義せずに、適合回帰モデルを使用して分析できます。
計画のサイズが適切である
検出したい効果が小さいほど、収集する必要があるデータは多くなります。データ量を増やすために、実験の実行を反復できます。計画の修正を使用して反復を追加します。
計画には2~48の因子が含まれる
因子が1つの場合は、計画を定義せずに一元配置分散分析を使用できます。
実行順序はデータ収集のためランダム化されている
ワークシートに実行順序が含まれる列がある場合は、計画を定義する際にその列を指定することができます。そうでない場合は計画を定義した後に計画の修正で計画をランダム化することができます。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください