決定的スクリーニング計画を作成の例

ある研究チームは追加実験のために8つの因子を小さいセットに縮小したいと考えています。チームは2回の反復を行うことに決めます。

  1. 統計 > 実験計画法(DOE) > スクリーニング > スクリーニング計画の作成を選択します。
  2. 計画のタイプで、決定的スクリーニングを選択します。
  3. 因子数から、8を選択します。
  4. 計画をクリックします。
  5. 反復数2を選択してOKをクリックします。
  6. 結果をクリックします。要約表と計画表を選択します。
  7. 各ダイアログボックスでOKをクリックします。

結果を解釈する

最初の表には計画の要約が表示されます。この例では、基本計画の実行数は17です。計画の2回目の反復の実行総数は34です。

計画表には計画点の各因子について、実験条件(設定)が表示されます。たとえば最初の実験の実行では、因子B、E、Fは最高設定値にあります。因子A、C、D、Gは最低設定値にあります。因子Hは中間設定値にあります。

デフォルトでは計画がランダム化されるため、この例を反復すると、実行順序が出力例で示す順序と一致しなくなります。

決定的スクリーニング計画

計画の概要 因子: 8 反復: 2 ベース実行組: 17 実行総数: 34 ベースブロック: 1 ブロック総数: 1 中心点: 2
計画表 (ランダム化) 実行 Blk A B C D E F G H 1 1 0 + + + + + + + 2 1 - - + - - + 0 + 3 1 + 0 + - + - - + 4 1 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1 + - - + 0 + - + 6 1 + + - + + - 0 - 7 1 + + + 0 - + - - 8 1 0 - - - - - - - 9 1 - 0 - + - + + - 10 1 0 + + + + + + + 11 1 - - + + + 0 - - 12 1 + 0 + - + - - + 13 1 - - - 0 + - + + 14 1 - - + + + 0 - - 15 1 - + + - 0 - + - 16 1 - + - - + + - 0 17 1 + - + + - - + 0 18 1 + + + 0 - + - - 19 1 - + 0 + - - - + 20 1 + - + + - - + 0 21 1 - - + - - + 0 + 22 1 + - 0 - + + + - 23 1 0 0 0 0 0 0 0 0 24 1 + + - - - 0 + + 25 1 + + - - - 0 + + 26 1 + - - + 0 + - + 27 1 - 0 - + - + + - 28 1 0 - - - - - - - 29 1 - + + - 0 - + - 30 1 + - 0 - + + + - 31 1 - + - - + + - 0 32 1 - - - 0 + - + + 33 1 - + 0 + - - - + 34 1 + + - + + - 0 -
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください