カスタム応答曲面計画の定義の詳細情報を指定する

統計 > 実験計画法(DOE) > 応答曲面 > カスタム応答曲面計画を定義 > 計画

ワークシートにすでにある計画列を指定できます。計画情報が含まれる列がない場合、新しい列が作成されます。

標準のデータ順序列
列を指定しない場合、データの行の順序となる列が作成されます。標準順序はイェイツ順序とも呼ばれます。
  • データの順序:標準順序列がワークシートにない場合、または標準順序がワークシートの順序である場合、このオプションを選択します。
  • 列を指定:ワークシートに実験実行の標準順序を特定する列が含まれている場合、このオプションを選択します。
実行順序列
列を指定しない場合、データの行の順序となる列が作成されます。
  • データの順序:ワークシートに実行順序がない場合、実験実行が行われる順番に並んでいる場合、このオプションを選択します。
  • 列を指定:ワークシートの列に実験実行が行われる順序を特定する列が含まれている場合、このオプションを選択します。
計画点タイプ列
点の種類を特定するため、中心点である行に0、立方体の点(隅の点)では1、軸の点では-1、エッジの中間点では2が含まれている列を使用します。列を指定しない場合、行ごとに1を持つ列が作成されます。計画を定義した後、この新しい列を直接編集できます。
  • なし:正しいフォーマットを持つ列がワークシートにない場合このオプションを選択します。
  • 列を指定:正しいフォーマットを持つ列がワークシートにある場合このオプションを選択します。
ブロック
複数の値を持つ列を指定する場合、ブロックの項をモデルに含めることができます。列を指定しない場合、行ごとに1を持つ列が作成されます。この新しい列を直接編集して、計画を定義した後にブロックを特定できます。
  • ブロックなし:ブロックの列がワークシートにない場合、または計画にブロックがない場合、このオプションを選択します。
  • 列を指定:ワークシートの列によってブロックごとの実行を特定できる場合、このオプションを選択します。
このワークシートでは、これらの列により、計画に関する詳細が得られます。
  • 標準順序:この列には、実行の標準順序が含まれています。
  • 実行順序:この列には、実験実行が行われる順序が含まれます。因子設定の順序はランダム化されているので、実行順序は標準順序とは異なります。
  • 点タイプ:この列により中心点、立方体の点、軸点が特定されます。
  • ブロック:この列には、計画にブロックがないので、行ごとに1が含まれます。
C1 C2 C3 C4 C5 C6
標準順序 実行順序 点タイプ ブロック 時間 温度
3 1 1 1 45.0000 200.000
10 2 0 1 37.5000 175.000
5 3 1 1 30.0000 200.000
13 4 −1 1 37.5000 139.645
4 5 −1 1 26.8934 175.000
6 6 −1 1 37.5000 210.355
9 7 1 1 30.0000 150.000
1 8 0 1 37.5000 175.000
8 9 −1 1 48.1066 175.000
7 10 0 1 37.5000 175.000
11 11 0 1 37.5000 175.000
2 12 0 1 37.5000 175.000
12 13 1 1 45.0000 150.000
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください