カスタム応答曲面計画の定義の概要

カスタム応答曲面計画の定義を使用して、ワークシートにあるデータをもとに計画を作成します。因子、ブロックまたは点種別といった他の計画特性が含まれる列を指定できます。

応答曲面計画により、データの曲線をモデル化し、応答を最適化する因子設定を特定できます。詳細は応答曲面計画、中心複合計画、ボックスーベンケン(Box-Behnken)計画とはを参照してください。

通常、以下のような理由でカスタム計画を定義します。
  • Minitabで計画を作成し、それ以上計画の分析が行われないようにワークシートを修正した場合。計画の標準順序を含む列を移動または削除した場合は、Minitabによる計画の分析は行われません。
  • 計画に関する情報をワークシートに直接入力した場合。
  • Minitab以外で作成したファイルから計画をインポートした場合。
  • Minitabセッションコマンドを使用して計画を作成した場合。
  • Ver. 13より古いバージョンのMinitabで計画を作成した場合。

計画を定義すると、応答曲面計画の分析を使用してデータを分析できます。

たとえば、Microsoft Excelのスプレッドシートに応答曲面計画を持つ分析者が、Minitabを使用してデータを分析したいと思っているとします。分析者はMinitabのワークシートを開き、計画をカスタム応答曲面計画として定義します。その後、分析者は応答曲面計画の分析を使用して、Minitabのデータを分析します。

この分析の場所

統計 > 実験計画法(DOE) > 応答曲面 > カスタム応答曲面計画を定義

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください