カスタム応答曲面計画の定義のデータに関する考慮事項

計画を定義する際は、次のガイドラインを考慮してください。

計画には2~10の因子が含まれる
因子が1つの場合は、計画を定義せずにが使用できます。一元配置分散分析
応答の曲線をモデル化する
応答に曲線がない場合、カスタム要因計画を定義します。
実行順序はデータ収集のためランダム化されている
ワークシートに実行順序が含まれる列がある場合は、計画を定義する際にその列を指定することができます。そうでない場合は計画を定義した後に統計 > 実験計画法(DOE) > 計画を修正で計画をランダム化することができます。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください