応答曲面計画(中心複合)の作成の主要な結果を解釈する

計画の要約を使用し、主要な計画のプロパティを調べます。計画のほとんどのプロパティは、計画作成中に基本計画で選んだものと一致します。

中心複合計画

計画の概要 因子: 2 反復: 2 ベース実行組: 14 実行総数: 28 ベースブロック: 2 ブロック総数: 4 α = 1.41421 2水準実施要因計画:完全実施要因計画 点のタイプ キューブ点: 8 3次中心点: 6 軸点: 8 軸の中心点: 6

この計画には、14のベースの実行を持つ2因子が含まれています。計画に2つの反復があるので、実行総数は28です。反復がブロックされているので、計画には2つのベースブロックと合計4つのブロックがあります。

計画には、8つの立方体の点、3次元ブロックの6つの中心点、8つの軸点、軸ブロックの6つの中心点が含まれます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください