応答曲面計画(中心複合)の作成のオプションを指定する

統計 > 実験計画法(DOE) > 応答曲面 > 応答曲面計画を作成 > オプション

実行のランダム化

各ブロックを持つ実行順序をランダム化するか、標準順序の計画のままにするかを選択します。ランダム化により、分析にある因子効果と、分析にない因子効果、特に時間に依存しない効果の交絡の可能性は減少します。

ランダムデータジェネレータの初期値
別の計画を作成したときと同じ順序を得られるように、ランダムデータジェネレータの初期値を指定します。同じ初期値を入力すると、実行順序は同じです。

ワークシートに計画が作成された後、計画を表示してランダム化する方法を変更できます。標準順序またはランダムな順序の計画を表示するには、応答曲面計画を表示を使用します。計画をランダム化または再ランダム化するには、計画の修正を使用します。詳細は計画を表示と計画を修正の概要を参照してください。

ワークシートに計画を保存

ワークシートに計画を保存しないで実行数と計画の他の特性を確認するには、ワークシートに計画を保存の選択を解除します。

保存する計画を選ぶ前に、プロパティを参照していろいろな計画を比較したいときは、このオプションの選択解除が役立ちます。計画を分析する場合は、計画をワークシートに保存する必要があります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください