応答曲面計画(ボックス-ベンケン)の作成の主要な結果を解釈する

計画の要約を使用し、主要な計画のプロパティを調べます。計画のほとんどのプロパティは、計画作成中に基本計画で選んだものと一致します。

Box-Behnken計画

計画の概要 因子: 4 反復: 2 ベース実行組: 30 実行総数: 60 ベースブロック: 1 ブロック総数: 1 中心点: 12

このBox-Behnken計画には、ベース実行数が30の4因子が含まれます。計画の反復は2回なので、実行総数は60です。計画には1つのベースブロックと合計1つのブロックがあります。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください