応答曲面計画(ボックス-ベンケン)の作成の計画を指定する

統計 > 実験計画法(DOE) > 応答曲面 > 応答曲面計画を作成 > 計画

中心点の数

ベース計画の中心点の数を選択します。中心点は、すべての因子が最大水準と最低水準の間に設定されている実験実行です。計画の反復ごとに同じ数の中心点が追加されます。カテゴリ因子の各水準にも同じ数の中心点が追加されます。
  • デフォルト:このオプションを選択して、連続因子の数に基づいて、中心点の数をMinitab Statistical Softwareに決定させます。
  • カスタム:このオプションを選択して、ベース計画に中心点の数を指定します。

ブロック数

ベース計画のブロック数を選択します。異なるブロックに複数の反復がある場合、ブロック総数はベース計画のブロック数と反復数の積です。MinitabによりBox-Behnken計画をブロックする方法の詳細はボックスーベンケン計画のブロックを参照してください。

反復数

ベース計画にある各実験実行を実行する回数を入力します。通常、反復数の選択時に利用できるリソースと計画の目的を検討します。反復は、統計 > 実験計画法(DOE) > 計画を修正で後から計画に追加できます。反復に関する詳細は、計画実験における反復と繰り返しを参照してください。

反復時のブロック
各反復をそのブロックに設定するかどうかを選択します。ベース計画にブロックがある場合、ブロック総数はベース計画のブロック数と反復数の積です。
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください