応答曲面計画を分析のデータを入力する

統計 > 実験計画法(DOE) > 応答曲面 > 応答曲面計画を分析

応答で、因子により説明または予測する数値データの列を入力します。複数の応答を入力すると、応答ごとに個別のモデルが適合されます。応答はY変数とも呼ばれます。

このワークシートでは、豆収穫量は応答であり、サヤインゲンの収穫量の値が含まれます。窒素リン酸カリウムは因子です。
C1 C2 C3 C4 C5-T C6-T C7 C8
標準順序 実行順序 点タイプ ブロック 窒素 リン酸 カリウム 豆収穫量
1 1 1 1 −1.00000 −1.00000 −1.00000 11.85
3 2 1 1 −1.00000 1.00000 −1.00000 11.06
4 3 1 1 1.00000 1.00000 −1.00000 12.08
9 4 −1 1 −1.68179 0.00000 0.00000 11.02
13 5 −1 1 0.00000 0.00000 −1.68179 10.14
7 6 1 1 −1.0000 1.00000 1.00000 11.03
15 7 0 1 0.00000 0.00000 0.00000 8.26
12 8 −1 1 0.00000 1.68179 0.00000 9.50
17 9 0 1 0.00000 0.00000 0.00000 10.43
19 10 0 1 0.00000 0.00000 0.00000 10.90
本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください