応答曲面計画を分析の効果プロットの方法と計算式

目的の方法または計算式を選択してください。

パレート図

プロットが描画されるかどうかは、モデル内で誤差の自由度がそのままかどうかによって変わります。モデル内で誤差の自由度が0のままの場合、プロットは描画されません。

パレート図の赤線はtで描画されます。このtは、誤差項と同じ自由度を持つt分布の(1 – α / 2)百分位です。このグラフに標準化効果のパレート図というラベルが付けられます。

正規確率プロット

プロットが描画されるかどうかは、誤差項の自由度によって変わります。誤差項の自由度が0の場合、プロットは描画されません。

正規スコア、確率、またはパーセンテージ対標準化効果がプロットされます。線は、標準偏差が1の正規分布に対応します。α未満のp値はグラフに重要なものとしてラベル付けされます。グラフには標準化効果の正規プロットとラベル付けされます。

半正規プロット

プロットが描画されるかどうかは、誤差項の自由度によって変わります。誤差項の自由度が0の場合、プロットは描画されません。

正規スコア、確率またはパーセンテージ対標準化効果がプロットされます。線は、標準偏差が1の正規分布に対応します。α以下のp値を持つ効果はグラフ上で重要なものとしてラベルが付けられます。このグラフには標準化効果の半正規プロットというラベルが付けられます。

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。  当社のプライバシーポリシーをご確認ください